どろあわわ エイジングケア

どろあわわとエイジングケア

どろあわわを使用している方の中で、エイジングケアをしている方も多いです。

女性ならわかることですが、エイジングでは、化粧水や乳液ばかりではなく、洗顔から肌に合うものをします。
50代の肌に20代が使用するような刺激の強い洗顔剤を使っていると、洗顔だけで肌がカサカサになってしまうのです。

 

そんな保湿がほしい50代で、エイジングケアをしている方にどろあわわの評判を伺ってみると、どろあわわを使うようになって、洗顔後の肌の調子が良いと言うのです。
それには理由があります。
エイジングケアの段階になると、肌の悩みはズバリ保湿です。
水分が放出してばかりの毛穴の状態では、その後のスキンケアをしたとしても、しっくりいかないことが多いです。
洗顔後のしっとり感があると、肌の保湿、水分量がちょうど良くなるのです。

 

どろあわわには、毛穴ケアだけではなく、大豆イソフラボンによる肌のバランス調整のための働きがあるのです。
どろあわわは、豆乳発酵液を使用していますが、大豆からできる豆乳は、それだけで肌を滑らかにして、高い保湿効果を得ることができます。
単なる豆乳ではなく、発酵液にすることで、肌への浸透率を高めることができます。
だから、エイジングケアにも適しているのです。

 

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと同じ働きをすると言われています。
更年期に差し掛かる中年以降の体と肌は、大きな曲がり角になっていますが、その時に肌の調子が良くなる大豆イソフラボンを食べたりつけたりすることは、曲がり角を小さくすることができます。

 

どろあわわのふくよかな泡を使って、マリンシルトやベントナイトの泥パックをすることで、美容成分とともに肌を整えてくれます。
もちろん子供にも使用できる安心な洗顔剤ですから、家族みんなで使用できます、男性にも是非おすすめです。